スピリチャル

レムリア時代とは?アセッションからレムリアへ

2014年12月、スピリチャルに覚醒し、一瞥体験(一時的な悟り)をした時、僕は人生のゴールに到達したのだと思った。

ところが、それは、ゴールではなくスピリチャルな旅が始まる、スタート地点だという事に気がついた。

スピリチャルな世界にも、良いものと悪いものが存在し、、実際「良い」「悪い」というものは存在しないのであるが、色んなレベルのものが存在するのだ。

瞑想にしても、数多くの瞑想方が存在し、沢山のスピリチャル・グループがあり、他の方法よりも私達の方法が、正しいと、お互いにお互いの事を批判しているのである。

スピリチャルの世界は、全てが光ではなく、光と闇がしのぎを削っているという状態なのだ。光と闇、善と悪がなぜ存在するのか?それは、世界は私達の心をそのまま映し出しているからである。

悟り体験をするまでは、覚醒をすると、天国みたいな平和な世界に行けるのだと思っていたが、どうやらそうではないのである。

悟ることで、自分が汚れていいる事に気づき、自分を浄化していく過程が必要となるのだ。

ボブ・フィックスが言っている通り、私たちは、既に何万回も輪廻転生している。信じられる??何万回も過去生があったなんて・・全然記憶にありませんが・・

でも、自分の魂には思いグセがあって、苦手な事とか、避けたい状況とかあると思う。それは、過去生の中で、経験してきた事、おそらく怖いと思った体験などが、魂に染み付いているのだ。

スピリチャルに覚醒し、私は、肉体ではないという事を思い出し、自分を浄化してゆく、、そして、一体、私達はどこに向かっているのか?

あまりにも、壮大で究極の答えなので、実感として捉えているスピリチャルな人々は少ないが、実は、私達はレムリアの時代に戻ろうとしているのだ!!はて、なんの事でしょう??と思われるかもしれないが、、

スポンサードリンク

私達は、もともと光の存在でレムリアの時代に魂が生きていたのだ。

そこには、ストレス・悩み・苦悩とは完全に無縁の光の存在で、天国の様な場所だった。

思い描いた事を瞬時に体験する事ができたのだ。ところが、何かのタイミングで、波動が下がり、アトランティスの時代移行し、

さらに、波動が落ちて、寿命が100年ほどしかない3次元の肉体の世界にいるのだ。

2010年頃から、アセッションとともに地球の波動が上がり、3次元の世界から、レムリアの時代に戻ろうとしているのだ。

もっと、大きな枠でみると、実は、振り子の様に、

レムリア(高波動)<ー>アトランティス<ー>3次元の地球(低波動)

と、これらの時代を振り子の様にいったりきたり、しながら、スパイラルの様に上昇しているのだ。

波動を上げて・浄化するアセッションの事はなんとなくわかるけれども、レムリアの時代まで戻ろうとしている、進化の過程までの大きな枠組みで捉えている人たちは、なかなか少ないのではないかと感じる。

私達は、今まさに、進化の過程としてレムリアの時代に戻ろうとしているのだ。

私達がなぜ、地球にへばり付くようにして生きているのか?

興味のある人は、是非ボブ・フィックスの本を読んでみてください。昔、映画化する予定があったらしいですよ。

壮大な物語です。

レムリアの時代に関するボブのブログはコチラ

読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク