チャクラを浄化する方法 真仙明著 レビュー

スピリチャル本 ” チャクラを浄化する方法 ” 真仙 明著  

最近、真仙 明氏が書かれてる本をアマゾンのキンドルUnlimitedで何冊も読み始めた。この方は、普通の覚醒者ではなくて本物の覚醒者で、嬉しいことに日本人なのだ。武術の修業を極めていく中で、”気(プラーナ)”の動かしかた、チャクラ、オーラ、悟り、本当の自分とは誰か、引寄せの法則、宇宙の真理、そして”愛”に辿り着いた方だ。

スピリチャル的な目覚めのパターンは、いくつもあって、たとえば、ヨガの究める事で悟りを開く。または、瞑想を極める事で目覚める。命にかかわる重病を経験したのをキッカケに悟りの道をあゆむ。など、など、色んなパターンがあるのですが、真仙 明 氏は、武術から愛に覚醒したので、基礎となるバックボーンがしっかりとしている。その豊富な経験を元にして書かれている本なので、説得力が違う。

じつは、私も覚醒の道半ばで、私の場合は、ホメオパシーでの治療でクンダリーニが覚醒したパターンです。なので、私もスピリチャル/覚醒の偏差値が高いので、真仙 明が書かれている本が、本物だという事がよくわかる。

スポンサードリンク

オススメ記事:私がホメオパシーで覚醒した理由

スピリチャルの道を歩み始めると、自分を浄化・ヒーリングをする必要が必ず出てくる。大抵の場合は、ヒーラーの人にお願いして、ヒーリングしてもらうのだけれど、私の経験では、最終的に自分で自分の事をヒーリング出来る様になる。そして、自分の事がヒーリングできると、周りの人もヒーリングできるのだ。

この本を読めば、基礎的なヒーリングが自分で出来きてしまいます。もちろん、自分のチャクラをある程度意識できるまでは、ヨガとか必要だと思うけれど。この本に書かれているヒーリングの方法は、著者もかかれている通り、簡単で、誰にでもできる方法だと思う。

「想念と意志の書」に続き、一読の価値のある内容となっている。

ゼロの海へ、

Inspired by SeaZero

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です